クラウドファンディングに挑戦

飯室駅を使い続けるには屋根の修理はやらなければいけない。

駅舎の所有者は広島市なので、なんとかして欲しいと要望はしているものの、一向に前向きな回答は無いのだ。
梅雨になる前に工事は終わらせなくては…

自治会長は市長とも話はしていて、市が直してくれるのを期待している。
しかしながら、来年度予算はこの時期、既に概ね決まっていて、目処は立っていない。

そんな中、自助努力するほかない。
3月4日、可部線の延伸セレモニーがある。恐らく、県内外からも鉄道ファンや関係者が集まり、注目を浴びるだろう。その時に合わせて、クラウドファンディングのチラシを配って、少しでも支援して貰おうと、準備している。

苦手な書類作りに奮闘している所です。
c0338016_08034040.jpg


[PR]

by romui | 2017-02-03 08:04 | Comments(0)